[ 冷製パスタ(pasta) ]

鯖缶を使った、イージ冷製パスタ(pasta)

暑くなるシーズンには、冷製パスタ(pasta)を造るのは如何でしょうかでしょうか。
お昼等、イージに創りたい時には、意外と冷製パスタ(pasta)が、いいかもしれません。
でも、そうめんの方が、、イージじゃないの?とおもうかもしれませんが、、冷製パスタ(pasta)もそれほど面倒くさいものではございません。
確かに、そうめんの方が、茹で時間が、わずか、と言う利点は有りますが、、いつもそうめんでは、飽きて来ますよね。
たまに冷製パスタ(pasta)を作ってみましょう。
パスタ(pasta)と言うと、早速頭に浮かぶのが、生ハムとかベーコンですが、、鯖缶との相性も悪くございません。
それに鯖缶なので、すさまじくイージです。
しかも、鯖にはセレン、DHA、EPA、ビタミンが、たくさんに含まれていますから、体にもすさまじく良いものです。
しかも鯖の缶詰にはその栄養が、余すことなく入っているので、願わくは鯖缶を使ってみましょう。
●鯖缶とトマト(tomato)の冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)細めのスパゲッティ(spaghetti)100グラム、サバの水煮缶(1缶)、トマト(tomato)(大きめの物半分)、しょうが、(適正量)、オリーブオイル(oliveoil)、青じそ、青じそドレッシング(dressing)。
創り方:ボールに鯖缶を入れてほぐしますが、、煮汁は少しだけ供に入れます。
そこへ切ったトマト(tomato)、オリーブオイル(oliveoil)、少しのおろししょうが、、塩少々を入れてよく混ぜます。
スパゲッティ(spaghetti)はいつもの茹で時間より1分から2分多めに茹でます。
後でスパゲッティ(spaghetti)を冷やすので、茹ですぎるくらいの方が、いいのです。
茹であがったら、冷水で冷やします。
その後ザルに上げて水気を切り、その後ペーパータオルでしっかり十分水分を取ります。
水分をしっかり十分取らないと、べたっとした感覚でオイシクございません。
ボールに冷たくしたスパゲッティ(spaghetti)を加えて、さらによく混ぜます。
お皿に盛り付けて、千切りにした青じそをトッピングして、さらに青じそドレッシング(dressing)をお好きの量かけて、頂きます。
しょうが、を入れてあるので、鯖の臭みもございませんし、青じその風味も加わって、おいしいですよ。
トマト(tomato)は出来るなら皮をむいて使った方が、、味が、染みやすくなるのでおいしいですし、口当たりもよくなります。
でもホウチョウでむくのは皮が、厚くむけてしまうので、適しません。
やはり昔なが、らのオーソドックス、湯むきが、いいでしょう。
まず、トマト(tomato)のベスト1上の所を小さく十字に切っておきます。
沸騰したお湯にいれて、30秒くらいした場合、上の切った部位が、弾けてむけてきます。
その時にお湯から出して、冷水に浸けて冷やし、あと言うのは、手でイージにむけるようになります。
イージなので、願わくは、トマト(tomato)は皮をむいて使ってみましょう。

ところで、世界一周クルーズの旅なら飛鳥が最高?料金・日程をサン・プリンセスと比較!・kirako-style.comのブログで、世界一周クルーズの旅なら飛鳥が最高?料金・日程をサン・プリンセスと比較!についての話題がのっていたんです。

世界一周クルーズの旅なら飛鳥が最高?料金・日程をサン・プリンセスと比較!のことについては、少し関心があるので調べていたんです。

世界一周クルーズの旅なら飛鳥が最高?料金・日程をサン・プリンセスと比較!に関しては、まだまだです。わかってきたら次にまとめて記事にしたいと思います。

タグ: