[ 冷製パスタ(pasta) ]

鮭フレークとインスタントポタージュを使った、イージ冷製パスタ(pasta)

夏が、近づくと、お食事は冷たいものが、欲しくなりますね。
特に、イージに済ませたいお昼等、そうめん等を食べる事が、たくさんなるかとおもいます。
でも、たまには冷製パスタ(pasta)を造るのは如何でしょうかでしょうか。
冷製パスタ(pasta)は色々バリエーションを利かせることが、出来るので、飽きも来ませんし、栄養価もあるので、夏にはもってこいのものです。
冷製パスタ(pasta)と言うと、トマト(tomato)を使ったサッパリ系のソースが、大好評ですが、、趣きを変えてみるのも良いですよ。
インスタントのポタージュ(お湯を注ぐスタイル)って、昼食にはよく使いますよね。
そのポタージュと鮭フレークでおいしい冷製パスタ(pasta)が、出来るんです。
鮭フレークとポタージュの冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)(出来たら細めのもの)100グラム、インスタントポタージュ(お湯を注ぐスタイルで、コーンポタージュではなく、ただのポタージュの方が、このケースはおいしいです)2袋、鮭のフレーク(小サジ3杯くらい)、オリーブオイル(oliveoil)、パセリ少々。
スパゲッティ(spaghetti)はたっぷりいっぱいのお湯(スパゲッティ(spaghetti)100グラムに対して水1リットルが、目安)で茹でます。
お湯が、沸騰したら塩を小サジ1杯ほど入れます。
ボールにインスタントポタージュを入れます。
お湯を入れて攪拌しますが、、通例より少し少なめのお湯で。
攪拌してスープが、よく溶けたら、冷たくする為に、下へ氷水を置きます。
そこへ鮭フレークを小サジ3杯くらい、微塵切りにしたパセリを少量加えてよく混ぜます。
茹で上が、ったスパゲッティ(spaghetti)は氷水でよく冷やし、ザルに上げ、さらにキッチンペーパー(kitchenpaper)で水分をよく取ります。
水気をよく取らないと、ぺたっとした感覚になり、オイシクないので、水気はしっかり十分取りましょう。
その後、オリーブオイル(oliveoil)を少量入れてスパゲッティ(spaghetti)になじませます。
スパゲッティ(spaghetti)をお皿に盛り付け、先ほど作っておいた鮭フレークのスープを、たっぷりいっぱいかけて頂きます。
こってりしたスープですが、、程よく冷たいのでのど越しもよく、オイシク頂けます。
4人分くらいを造る時は、お鍋で水とミルクを使って造るポタージュの素の方が、、いっぺんに沢山創れるので良いかもしれません。
でもお鍋で作ったケースは、熱いので、さますのが、大変かもしれません。
そういう時は、冷製パスタ(pasta)でなく、通例のパスタ(pasta)として食べても、当然おいしいですよ。

タグ: