[ 冷製パスタ(pasta) ]

干しエビを使った、イージ冷製パスタ(pasta)

夏になると、冷たいパスタ(pasta)って食べたくなりませんか?パスタ(pasta)はイロイロな具材を使って創れますので、栄養価も高くなるので、そうめんより夏バテ予防になるかもしれません。
パスタ(pasta)は結構どんな材料とも合うのですが、、干しエビともよく合います。
干しエビも種別が、いくつか有りますが、、この度の干しエビは、どんなスーパーでも売っている、桜エビの干したものです。
ピンク色をしたもので、出来たら駿河湾産のものが、ベストワンです。
干し桜エビを利用すると、エビの芳香が、パスタ(pasta)に付いて、大きな海老を使わなくても、干しエビユニークのおいしさが、パスタ(pasta)とよく合います。
干しエビの冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)100グラム、干しエビ(桜エビ)(1袋の3分の1くらい)、しめじ(1パックの半分)、長ネギ(半本)、オリーブオイル(oliveoil)、醤油、こしょう少々、青じそドレッシング(dressing)。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)をたっぷりいっぱいのお湯(スパゲッティ(spaghetti)100グラムに対してお湯は1リットルが、目安です)で茹でます。
茹でる時に塩を小サジ一杯くらい入れます。
茹で時間はいつもの時間より1分から2分多めにします。
あとで冷やすので、茹ですぎるくらいで丁度いいのです。
干しエビとしめじ、長ネギ(小口ギリ)をオリーブオイル(oliveoil)で炒めます。
コショウと醤油を回しかけます。
炒めあがったらボールに移して、次に氷水の上に置いて、熱を取ります。
茹で上が、ったスパゲッティ(spaghetti)は氷水で冷やし、ザルに上げた後、キッチンペーパー(kitchenpaper)等でよく水気を取ります。
水気をしっかり十分取らないとオイシク出来ませんので、これは手を抜かないようにしましょう。
このスパゲッティ(spaghetti)をボールのなかに加え、よく混ぜ合わせます。
お皿に盛り付けて、青じそドレッシング(dressing)を適正量かけて頂きます。
冷製パスタ(pasta)を造る時には、スパゲッティ(spaghetti)は細めの物を選んだ方が、オイシク出来ます。
種別としてはまずカッペリーニ(0.9~1.3mm)です。
まるで髪の毛のような細さで、人によってはそうめんと間違える方もいるかもしれません。
細い方が、ソースと味が、馴染むのでおいしいのです。
もう一つは、フェデリーニ(1.4から1.5mm)が、あり、これも冷製パスタ(pasta)向きです。
でも、家に買い置きしてあったものが、、通例の太さのものでも、茹で時間をたくさんすればオイシク出来ますし、人によってはあるくらいの太さのある物の方が、お好きの方もいるので、その時々によって選定してもいいとおもいます。