[ 冷製パスタ(pasta) ]

バジル(basil)ソースとトマト(tomato)と青じそのイージ冷製パスタ(pasta)

夏になると、パスタ(pasta)も冷たいものを作ってみるのは如何でしょうかでしょうか。
スパゲッティ(spaghetti)も2,3分で茹で上が、るものも有りますから、それほど時間もかかりません。
冷たいそうめんもいいですが、、冷たいパスタ(pasta)も、暑い時にはすさまじくおいしいものです。
お昼等は手間のかかるものは創りたくございませんよね。
冷製パスタ(pasta)も、バジル(basil)ソースを利用すると、すさまじくイージでオイシク出来上が、ります。
バジル(basil)ソースはバジル(basil)(シソ科の植物)やにんにく、松の実、それ以外のものをオリーブオイル(oliveoil)でブレンドしたものです。
ごごファミリーで造る方もおられますが、、スーパーでも瓶等に入って売っていますから、イージに手に入るものです。
このバジル(basil)ソースは万能調味料みたいにイロイロな調理に使えます。
当然生でも使えますからすさまじく重宝するソースです。
しかもバジル(basil)は健康によろしい原材料が、沢山入っているので、進んで取り入れてみましょう。
バジル(basil)ソースとトマト(tomato)と青じその冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)(細めの物)100グラム、ミニトマト(tomato)5個、青じそ5枚、バジル(basil)ソース。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)は、お湯1リットルに塩小サジ1杯入れたもので、表示の時間より1分から2分長めに茹でます。
スパゲッティ(spaghetti)は後で冷やしますから、茹ですぎるくらいで丁度いいのです。
茹で上が、りましたら、氷水でよく冷やしてザルに上げ、その後キッチンペーパー(kitchenpaper)等で、しっかり十分水気を取ります。
そのスパゲッティ(spaghetti)ををボールに入れます。
そこへミニトマト(tomato)を4等分くらいの大きさに切ったもの、千切りにした青じそを入れ、バジル(basil)ソースを大さじ2杯くらい(お好きで加減しましょう)、塩少々入れて、よくかき混ぜます。
それをお皿に盛り付けて出来上が、りです。
すさまじくイージですが、、トマト(tomato)、青じそ、バジル(basil)ソースが、よく合って、さっぱりした中にもコクのあるおいしい冷製パスタ(pasta)になります。
お友達を呼んでのお昼なら、そのパスタ(pasta)にバジル(basil)の葉を飾ったり、生ハムを添えたりしてもいいかもしれません。
模様入りの綺麗なガラス製のお皿が、100円ストアーで売られています。
そういったガラスのお皿に盛り付けると、おもてなし、と言う雰囲気も出るのですさまじくすてきです。
イージな調理なのに、オイシクてオシャレな感覚になりますよ。

タグ: