トマト(tomato)を使った、イージ冷製パスタ(pasta)

暑い夏には冷たいものが、欲しくなりますね。
そういう時は、冷製パスタ(pasta)を作ってみるのは如何でしょうかでしょうか。
冷製パスタ(pasta)といえば、オーソドックスはトマト(tomato)と何かの組み合わせではないでしょうか。
さっぱりしていて、食も進みますね。
しかも、トマト(tomato)は他に何かを加えても大体合いますよね。
ですので、バリエーションたくさんなパスタ(pasta)が、創れるわけです。
トマト(tomato)ときゅうりの冷製パスタ(pasta):材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)(細めのもの)100グラム、トマト(tomato)(大きめのもの半分)、きゅうり半分、青じそ、バジル(basil)ソース、塩。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)はたっぷりいっぱいのお湯で(スパゲッティ(spaghetti)100グラムに対し1リットルの水の割合)で塩を加えて茹でます。
茹で時間は通例の時間より1分から2分多めに茹でます。
後で冷やすので、茹ですぎるくらいで丁度いいのです。
ボールに湯むきしたトマト(tomato)を食べ易い大きさに切ったものと、小口ギリにしたキュウリ(出来ましたら小口ギリにした後、塩でもんで絞ったもの)を入れて、バジル(basil)ソース(市販の瓶入りのもの)、塩少々であえます。
茹で上が、ったスパゲッティ(spaghetti)は氷水で冷やし、ザルに上げます。
その後キッチンペーパー(kitchenpaper)等でよく水気を取った後、そのスパゲッティ(spaghetti)をボールのなかに加え、よく混ぜます。
お皿に盛り付けて、上に青じそを千切りにしたものをトッピングして、出来上が、りです。
さっぱりしていて、サラダのようなパスタ(pasta)になります。
暑い日には、食べ易いパスタ(pasta)です。
トマト(tomato)とナスの冷製パスタ(pasta):材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)(100グラム)、トマト(tomato)(半分)、ナス1本、オリーブオイル(oliveoil)、ノンオイルの玉ねぎドレッシング(dressing)。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)はたっぷりいっぱいのお湯に塩を加えたもので、通例より1分から2分くらい長めに茹でます。
ナスを1センチ厚み位に切って、水でさらした後、オリーブオイル(oliveoil)で焼いておきます。
お醤油を回す感覚に入れて味付けします。
ボールに湯むきして、食べ易い大きさに切ったトマト(tomato)と、焼いたナスを入れて、オリーブオイル(oliveoil)少々、玉ねぎドレッシング(dressing)を加えてよく混ぜ合わせます。
茹で上が、ったスパゲッティ(spaghetti)は、氷水でよく冷やした後、キッチンペーパー(kitchenpaper)等でよく水気を切ります。
水気はしっかり十分取っておいてちょーだいね。
それをお皿に盛りつけます。
その上から先ほどのトマト(tomato)とナスをかけて、頂きます。
オリーブオイル(oliveoil)で焼いたナスのこってり感と、トマト(tomato)のさっぱり感が、合わさって、おいしいですよ。

タグ: