シシャモを使った、イージ冷製パスタ(pasta)

暑くなると、冷たいパスタ(pasta)が、食べたくなりますね。
パスタ(pasta)って、イロイロな具材が、楽しめるので、栄養価も高くなるので、夏にはもってこいの調理ではないでしょうか。
その冷製パスタ(pasta)ですが、、ちょっと趣きを変えて、シシャモを使って造るのは如何でしょうかですか?シシャモって、たまに食べるとおいしいですが、、でも食べる時って、お酒のおつまみとして食べたりすることが、たくさんかもしれません。
でもそのシシャモ、意外とパスタ(pasta)に合うのです。
シシャモは、生の物を買ってきて焼いても良いですが、、既に焼いてあるものをパックに入れて売っていますよね。
冷製パスタ(pasta)に使うので、既に焼いてあって冷たいシシャモの方が、、冷ます必要が、ないので楽です。
シシャモの冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)(細めのもの、フェデリーニとか)100グラム、シシャモ(1パックの半分)、青じそドレッシング(dressing)、青じそ。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)をたっぷりいっぱいのお湯(スパゲッティ(spaghetti)100グラムなら水は1リットルが、目安)で、塩小サジ1杯入れて、通例より1分から2分くらい長めに茹でます。
ボールにシシャモを入れて、シシャモの頭と尾意外(頭も当然食べれるのですが、、少し苦味が、あるので、供に混ぜないようにします)を、適当な大きさにほぐしておきます。
(シシャモは骨等丸ごと食べられるものですが、、口触りが、良い方が、良いので、気になる骨等あったら取り除けておきます)。
そこへみじん切りにした青じそ(シシャモ1匹に対して青じそ1枚くらいの割合)、オリーブオイル(oliveoil)少量、塩少々を入れて混ぜておきます。
茹で上が、ったスパゲッティ(spaghetti)は氷水でよく冷やし、その後ザルにあげ、キッチンペーパー(kitchenpaper)等で水気をよく取ります。
スパゲッティ(spaghetti)をお皿に盛り付け、先ほどのシシャモを上にのせます。
その上から、青じそドレッシング(dressing)を少しだけ回しかけて頂きます。
お好きでキザミのりをかけてもおいしいです。
意外と、パスタ(pasta)とシシャモ、合いますよ。
冷製パスタ(pasta)を盛り付けるお皿は、出来ましたら夏らしいものが、おススメです。
ガラス製のお皿が、涼しげでいいかとおもいます。
なければ100円ストアーでも、ステキなガラスのお皿が、売っていますよ。
綺麗な模様まで入っているものもあり、すさまじく100円には見えないので、常連が、来られる時に、そのお皿で冷製パスタ(pasta)をお出ししたら、高級感ある調理に見えますよ。

タグ: