[ 冷製パスタ(pasta) ]

カボチャとミートソース(meat sauce)のイージ、冷製パスタ(pasta)

夏になるとパスタ(pasta)も冷たいものが、食べたくなりますよね。
冷製パスタ(pasta)は、さっぱりした雰囲気が、有ります、例えばトマト(tomato)とバジル(basil)の冷製パスタ(pasta)とか・・。
でも、たまにはちょっとこってりした冷製パスタ(pasta)を頂いてみるのは如何でしょうかでしょうか。
カボチャとミートソース(meat sauce)の組み合わせですが、、カボチャ(北海道産のもの)は冷凍のものでもすさまじくおいしいですし、ミートソース(meat sauce)はレトルトのものを使います。
冷凍のカボチャは切ってあるのですさまじく楽ですし、ミートソース(meat sauce)もレトルトですから、1から造る必要が、ないので、それ程めんどくさくなく出来ます。
カボチャとミートソース(meat sauce)の冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)100グラム、カボチャ(冷凍)(1袋の半分くらい)、レトルトのミートソース(meat sauce)1袋、粉チーズ。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)は100グラムに対し1リットルのお湯で茹でます。
沸騰したら塩小サジ1杯を加えます。
茹で時間は通例より1分から2分多めの時間で茹でます。
カボチャはお鍋で煮ますが、、あるくらいの味が、付いている方が、おいしいので、塩と少しの砂糖で煮ておきます。
煮えたら、すでに切ってあるカボチャですが、、一口大の大きさにさらに切り分けて、冷やす為に、ボールに入れて氷水の上においておきます。
スパゲッティ(spaghetti)が、茹で上が、ったら、氷水で冷やし、ザルに上げ、その後キッチンペーパー(kitchenpaper)等でしっかり十分水気を取ります。
それにオリーブオイル(oliveoil)を適正量たらして、よくなじませます。
スパゲッティ(spaghetti)をお皿に盛り付けて、上にカボチャをお好きの量だけのせて、その上にレトルトのミートソース(meat sauce)をたっぷりいっぱいかけて、それに粉チーズを振って頂きます。
カボチャはベータカロテンやビタミンC、ビタミンEが、たくさんです。
体力更生にもつなが、りますから、カボチャは夏バテにもいいかとおもいますよ。
カボチャににんじんを加えたものを使えば、一層ベータカロテンを摂取出来ますね。
冷製パスタ(pasta)はそうめんよりめんどくさいとかおもいが、ちですが、、カッペリーニ(太さ0.9mm)なら、茹で時間は冷製パスタ(pasta)にした場合しても2分から3分で茹で上が、ります。
そうめんとほぼ同じですよね。
のせる具材もそうめんよりバラエティが、ワイドですから、飽きも来ないので、夏は冷製パスタ(pasta)と思ってもいいかもしれませんね。

タグ: