[ 冷製パスタ(pasta) ]

ゆかりを使った、イージ冷製パスタ(pasta)

夏になると、お食事も冷たいものが、食べたくなりますよね。
その代表格はそうめんとか、冷やし中華でしょうか。
たまには、趣きを変えて、冷製パスタ(pasta)等如何でしょうかでしょうか。
冷製パスタ(pasta)の方が、、そうめんより、めんどくさいとおもうかもしれませんが、、そんな事はございません。
冷製パスタ(pasta)でもイージに造る事が、出来ますし、むしろ、冷製パスタ(pasta)の方が、バラエティに富んだものが、出来ます。
例えば、お昼等にスパゲッティ(spaghetti)はあるけれども、それ以外の具材が、ない、とかんが、えてしまうかもしれませんね。
でも、冷製パスタ(pasta)は、結構イロイロな具材と合いますし、高級なものでなくても十分オイシク出来ます。
例えば、フリカケのゆかりって、安いですし、割合と買い置きしてあったりしませんか?そのゆかりで、おいしい冷製パスタ(pasta)が、出来ます。
ゆかりの冷製パスタ(pasta)・・材料:(一人分)スパゲッティ(spaghetti)100グラム、ゆかり、キザミのり、オリーブオイル(oliveoil)、めんつゆ、マヨネーズ。
創り方:スパゲッティ(spaghetti)を茹でますが、、いつもの茹で時間より1分から2分くらい時間を多めに茹でます。
後で冷やすので、よく茹でた方が、オイシクなります。
茹で上が、りましたら、氷水でよく冷やします。
その後ザルに上げて水気をよく切ったあと、さらにペーパータオル等で、しっかり十分水分を取りましょう。
さもないと、べたっとした感覚のものになってしまいます。
冷たくなったスパゲッティ(spaghetti)をボールに入れ、オリーブオイル(oliveoil)を少量とゆかり(お好きの量)を入れて、よく混ぜ合わせます。
そしてお皿に盛り付けて、上からめんつゆをお好きの量かけて、キザミのりをトッピングします。
お好きでマヨネーズをかけて頂きます。
超イージですが、、さっぱりとオイシク頂けますよ。
もし時間が、あるのなら、錦糸卵を作って、スパゲッティ(spaghetti)の上に綺麗に飾ってもおいしいですし、ちょっとだけごちそうと言う感覚になりますよ。
錦糸卵の創り方は、少量の砂糖と塩を入れた卵を薄く焼いて、千切りにするだけです。
通例の丸いフライパンで創りますが、、いっぺんに卵をフライパンにあけると、薄く焼けませんので、もし卵1個でしたら、その半分くらいだけ入れて、フライパンを回しなが、ら全体に卵が、薄く伸びて行く感覚に焼きます。
強火にした場合焦げ付いて、色が、綺麗になりませんので、弱火で焼きましょう。

タグ: